読んでみた人がまたもMさんでした

平昌オリンピック、盛り上がってますね!
今回も詳しすぎる解説で話題になっている

三浦豪太さんを読んでみました

ゆりどん
今回もみうらさんだ…ププッ

三浦豪太さんってご自身もリレハンメル、長野オリンピックに日本代表として出られていて、登山家でもあるそうです。

ゆりどん
寒いところがお好きなのね…

太陽はしし座18度にあってノーアス!
サビアンシンボルは「科学の先生」ディグリー占星術から引用しますと

一般常識に縛られずにみんなと同じようなことはしないで自分の好きなことを生かしながら生きようとする。その方法の模索です。抜け穴の発見。

とあります。
お父様が登山家で三浦雄一郎さんなので、この太陽はいかにもお父様を表しているようにも見えます。家にいなそう…孤高の人のような、遠いところで輝く父 みたいな

この方の解説が楽しくって、知らない競技でも見たいと思えるというところ、人をひきつける獅子座の太陽!でもあるのでしょう。

出生時間がわからないのですが何時にお生まれでも月はかに座です。月と金星はくっついていますが17時半以降のお生まれなら金星とはくっついていません。

この親しみやすそうなかに座の金星は牡牛座土星と、いて座の火星とヨッドになっていて、生真面目さと理想を追う行動力に使われているようです。

ここに月がくっついているとすれば、サービス精神があり、人とのコミュニケーションもお上手な上、この金星は牡牛座の土星とおとめ座のすい星と小三角を組んでいます。この水星は分析力があり、細かいことを処理するのが得意ですし、頂点の金星、月はかに座で、一般の人たちに分かりやすく興味を持てることを伝えてくれそうです。

通り一遍の解説に終わらず、選手の日常にまで目を向けた細かすぎる解説をされるのはこのあたりなのかなと感じます。
その緻密そうな乙女のすい星は火星と90度なので、選手の転倒で思わぬ事態になった時、ゲラゲラ笑っちゃうのもそんな感じですし、切れの良い仕事能力としてとても使えるでしょう。

火星はいて座にあります。射手座の火星って冒険好きそうですね。天秤座の木星と天王星の合とソフトアスペクトになるので、変化に順応しやすそう、ユーモアを持って明るく改革、革新していけそうです。射手座の明るい火星をもっと前向きにしそうですね。危険な事でもこうしていけばできるよ!って着実にやりとげそうですし、渾身の親父ギャクをくり出したのに、アナウンサーに冷静に突っ込まれ(笑)それでも気にせず次の親父ギャクを狙いそうです!

よく知らないスポーツでも、この方の解説を聴けば、惹きつけられる。そんな豪太さんにもオリンピックにも注目です!

24日もよい一日になりますように!