昔からの思い癖

ちょっと変な話なのですが

私は夜に寝るのがとても嫌なんです。
 
子供の頃は眠る事でひとりになる感覚が恐ろしかった。
隣りに親が寝ているのにどうしても怖くて
毎日寝るのが苦痛でした。
 
今思い返すと、少し成長してからは
眠気の限界まで本に没頭して
寝る事が多かった。
 
そこ、今もあんまり変わっていないです。
 
寝る事はすきなんですよ、昼寝とか至福!
昼寝する時間があれば
すんごい幸せ~です。
 
これは何かあるんだろうなーってずっと思っていて
最近ある人から「死にたくないのに死んだからだ」
っていうメッセージをもらいました。
前世からの影響のようです。
 
やっぱりそうかーそうかもしれないと
思ってたんです。
 
置き去りにされて死んでいく子供(自分)
の夢、他の夢とは違って感覚を伴うような夢を
昔は繰り返し見ていたので納得しました。
 
眠りは象徴的に死と同一視されますよね。
西洋占星術で言うと夜の眠りは4ハウスで
お墓も4ハウスですしねー
占星術のご本には
「4ハウスは集合無意識との接点」
とあります。
無意識からなんらかのヒントをもらえる、
そういう時なのかも。
 
そこかー
私のP月只今4ハウス運行中ですし、
ネイタルキロンとピッタリ180度で
どうしても寝たくないこの気持ちを
どうにかするときなのかもしれません~
 
台風が来ていますね。
何もなく通りすぎてくれますように☆彡