ネイタルに沿った生き方に良い悪いはないのかも

先日、気持ちは焦るんだけれども家事も勉強も手につかず、
いっそ一日、さぼりデーにしてみるか!とぼぉぉぉっと過ごしてたら、
もやもや感がもっと酷くなりまして、家族に

どん「なんかムナシイ」と訴えましたら

家族「え?ルナシー?」

どん「うっ? うん、ルナシー、、、」

あああ( ̄" ̄;)ああ? ま、いいっか~ と
どーでもよくなって元気になったどんです。
ところで。

同じようなジャンルで目標を持って評価を得ようとしている人
2人のネイタル図を読んでました。

ある人は、もってる才能、努力の仕方の次元が違う(トランスサタニアンが絡む)
どんだけの力を持っているんだろうと期待させ、人を引き付ける力のある人。

もうひとりの人は↑の人にはかなわないけど、才能もあって
その努力や必死さ、弱いところまで全部見せる強さを持っていて
人の心のどこかを刺激する人。

自分の目標や夢に向かって、努力で頑張る人が
その、物凄い才能を持った、この世でそのジャンルで活躍する為の
「理想的な才能のある人」に出会って、立場を危うくされたらどうなるんだろう。

努力してもかなわない人はどう報われるんだ!
と午前中考えていたんですよ。

そしたらさっきトイレで(笑) はっ!!!!と気が付いた。
「理想的な才能のある人」じゃなきゃ駄目って思ってないか?

いや、今のこの世界で、持ってる才能がとびぬけてるとか
一番になったらステキだと思うけど、そうじゃなくて、もっと違う形で
自分を使う方法もあるのではないかっていう視点が抜けていたんだ

報われるとか報われないじゃないのかも。
上っ面だけ見てたら負けた人だけど、
王道じゃなく違う方法で、そのジャンルに光を当てたり、貢献したりするってことに
自分を使える人なのか。

そこに、山羊座社会的な 良い、悪いって無いんですね。
て思った久しぶりの晴れ間です。