付加価値は自分でつける

私は韓国俳優さんが大好きですが、ファンミに行っても
グッズとか買ったことがありません。

変なコップに俳優さんの写真がついてるとか、欲しくないです。ゲラ
雰囲気に流されてうっかり買うと、いつか要らないなと思った時に寂しくなります。

片づけられなかった当時の私の部屋は
大切な物とそうでないものが混ざっている状態でした。

部屋にはそれらが無造作に置いてあったり、埃をかぶっていました。
物との付き合い方がとても下手でした。

片づけの最初に、これから一緒に生きていく物を選ぶって事をして
それ以外はどんどん処分していきました。

高かったブランドバッグなんかも劣化するし、物ってモノだよなぁ
それ以上でも以下でもないよな。なんて思う反面、
値段に関係なく 「私だけが持つそのモノの価値」 があって、
私にはそれが大事なんだなぁ なんて思いました。

母と旅した時の時刻表とか、もう着られないけど、
いつかのプレゼントの洋服だったり。
思い出ですね。 それが好き!と言う気持ちとか。

ゆり
処分する時の基準は、誰かが付けた価値じゃなくて
自分にとってそれが価値あるものかどうかを
しっかり見極める事が大切なんじゃないかな~と思います。