占いといえば…

占いというとどんな占いを思い浮かべますか?

以前、手相メインの占い師の先生に見ていただいた事があったのですが
生命線の隣に同じようにもう一本線があるものを、2重生命線と言うそうなんです。

私に2重生命線があるそうで、どんな線なのかと言うと、人より体力がある。生命力もある。しかし線が途中で途切れているので65歳位に普通の人になるから注意してね。と言われました。
それまでと同じようには出来ないそうです。

おおおおお~そんな線があるんだ!おもしろーい!体力は無いと思っているのですが、好きなことに向かって行く勢いは確かにある気がするのです。

手相は右手と左手で生まれ持ったものと現在とを見ると聞きました。線が変わると言いますからその時の状態も見られるのでしょう。

西洋占星術では同じように自分の特徴を知ることができますし、今の運気も知る事ができます。
自分がどんな設定で生まれてきたのかを知れるって、ワクワクしませんか?
行動すれば未來は変わるのです。だから手相も変わるのでしょうねぇ。

占いが好きな人はもちろん、ちょっと興味があるという方にも手相もいいけど、西洋占星術やタロットをもっと活用してほしいな、と思います。

あ、そうそう、12月の後半にはまた鑑定のできる日にちを出したいと思います。

数日ブログが飛びましたが、
また明日から星とタロット占いを書きたいと思います。
また読んでみてください☆