韓国ドラマ「トンイ」祭り

昔から夢中になると寝る間を削りまくって没頭するクセがあります。
久しぶりに韓国ドラマ祭りです。

ハン・ヒョジュたんの可愛らしい事!
昔、放送されまくっていた「チャングムの誓い」みたいな出世ドラマと言いますか。
ステキドラマ「トンイ」
以前見たのに、また最初から見てます! ゲラ

トンイはとても聡明で根性もある。朝廷ドラマなので権力争いがどんどこ起こり巻き込まれる。
毎回絶体絶命になるが、ぎりぎりの所で解決します。視聴者の心臓に悪い事がわんさか起こるんです。
身分が低いが、なんだかんだで王の側室にまでなります。
最初から最後まで脚本家はトンイに試練を与えまくるというお話です。

そんなわけないだろ!運がよすぎる。そもそも1時間のうちに何回ピンチになるんだこのヒロイン!!
いやしかし健気に頑張っとるなっ と続きが気になるうまい脚本。
突っ込みどころも満載で、楽しくみられるドラマですが 全60話。ぶはははは

韓国三大悪女の一人と言われているチャン・ヒビンが、自分の生んだ王子を将来の王にするため
トンイとその王子を排除しようとします。
お話の終盤でヒビンは悪事が露見しそうになり追いつめられます。
その時トンイは王子達の幸せのためヒビンに和解しようと持ちかけますが真意は届きません。

ヒビンはトンイに悪事の証拠を握られたことで、最期のチャンスをくれたトンイを信じきることができませんでした。
「トンイはずる賢く罠を仕掛け、私達の息の根を止めようとしてる!」と思うんです。
ちょっと!!! それってあーた、チャンヒビンが今までさんざんやってきたことじゃね?
投影ですよね。

チャンヒビンの追い詰められた感じを、うまく表現してたと思います。
相手の反応を自分のフィルターを通して歪めてしまう。
あるな、あるある。苦しい時なんか特に。
身分が高く、権力もあって全て持ってるけど影と言われるチャンヒビン。何も持とうとせず、
争わず、皆で信じあって生きようと尊い志だけを持つトンイは光だと言われます。

んなわけねーだろドラマだしな と思いつつ、考えさせられたり、
なかなか幸せにならないトンイに気をもんだりする、長いけど好きなドラマです。
あー寝不足 只今18話視聴中デス。