片桐はいりさんの本はドキワクさせてくれるものを大切にと言っていた

読み終わりました。

昔もぎった映画、「転校生」の主演女優さんと同じ映画に出たそうです。(小林聡美さんです)
しかも昔もぎりとして働かれていた劇場で!

片桐はいりさんといえば、私的には「かもめ食堂」
最近もどこだかの映画館で、もぎりをされているという情報はうっすら知ってはいましたが、
映画愛、映画館愛MAXな感じがすごいです。こんなに好きなものを持つって幸せなことですね。

その、小林聡美さんとご一緒に舞台挨拶に立たれるなんて!スバラシイーーーー

本の最初は私の知らない昔の映画館のディープな世界。なんだか濃い。濃すぎて胸焼けしそう。
読み進め、読み終わるとなんだか終わっちゃって寂しいなーって思う本でした。

今でももぎりをやってるのはなぜ?の訳を「やわらかな生活」の章でステキに語っていらっさる。

本当に好きなもの。目をきらきらさせて語っちゃうもの。
人生いつまでも、そういうものでドキワクしたいです。